広島出張の際は新幹線より飛行機がお得

私は現在東京都で働いておりますが、過去には広島市内の支社に1人で出張する事もよくありました。
飛行機の場合は羽田空港から広島駅、新幹線の場合は東京駅から広島駅新幹線口で、空路陸路両方で広島に出張しました。

出張は1人で取引先の会社様を周回するので、距離も時間もかかるので2泊3日程は広島に滞在です。
毎年春秋の半年に1度のペースで出張していたので、出張日程が決まり次第飛行機は主にANA公式ホームページから、新幹線の場合は会社帰りに緑の窓口で予約購入を行いました。

飛行機と新幹線両方で広島まで出張しましたが、私個人は東京から広島へ出張する際は飛行機がおすすめします。
その理由は広島駅までの到達時間と値段の安さで、飛行機は羽田空港から広島駅までは時間にして約2時間程で、料金も片道であれば1万円前半です。
対する新幹線は4時間近く時間がかかり、料金も割引無しだと2万円程かかるので時間も料金も飛行機の方がお得です。

飛行機は事前予約の割引も大きく、出張先が数ヶ月先と分かっている方は早割を使って更に飛行機代を浮かす事が可能です。
出張費を浮かせたいというビジネスマン、出張費を節約したい経理の方には飛行機の方がおすすめです。

羽田空港から広島駅まで飛行機で行くルート唯一の難点として、空港から広島駅まで非常に遠いというのが挙げられます。
羽田空港から広島空港までは1時間弱で到着するのですが、広島空港は広島駅から遠く離れた山の中にあります。
タクシー以外では広島空港からローカルバス、JR山陽本線に乗り換えて更に1時間程経過して広島駅に到着するので移動の負担は少なくありません。
「飛行機は安いけど広島空港から先が疲れる」と、時間とお金はかかっても東京駅から直通で到着する新幹線を選ぶ同僚もいた程でした。
移動時間と出張費は飛行機の方が節約できるのでおすすめですが、乗り継ぎをするのは面倒だという人は敢えて新幹線を選ぶのも良いかもしれません。

最後に出張・旅行問わず可能であれば飛行機を予約する時は、飛行機だけを予約するのではなくホテルも一緒に予約できるパックがおすすめです。
パックがおすすめなのは飛行機とホテル別々で予約するよりも、割引や粗品といった特典を用意している事が多いからです。
ビジネスホテルと提携しているパックも多いのでビジネスマンにもおすすめですし、家族向けの大人数ファミリーパックもあります。
何より予約は飛行機とホテル別々に取らなくても良いので予約の手間が省けるので、予定が決まっている出張や旅行にはパック予約をおすすめします。

なお、東京 広島 新幹線で出張に行くなら、往復割引とかエクスプレス予約などの割引の他にホテルがセットのパックなども使えます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ